グルコサミンとはプロテオグルカンという軟骨の主要成分を生成するための構成成分の一つです。言い換えると動物の軟骨や皮膚、靭帯など細胞をつなげる組織に存在するゲル状の部分に含まれており、甲殻類の殻の中にも存在しています。また、グルコサミンは単体で存在しているわけではなく、タンパク質と一緒に存在しています。

このグルコサミンは動物が年齢を重ねるとともに現象していく成分で、このグルコサミンが減少すると、関節部分などの結合力に支障をきたすことで関節痛を引き起こしてしまいます。サプリメントとしてのグルコサミンはもともとは、アメリカで用いられていたもので、獣医がペットや競走馬の関節治療のために使用していました。

近年では、軟骨や関節痛を和らげる働きとして、使用されています。また関節痛以外において様々な効能があるサプリメントとして、健康のために使用されています。グルコサミンのもっている効能としては、まず加齢による関節痛に使用されています。

グルコサミンは軟骨の主要成分であるプロテオグリカンを生成する要素とされていることから、グルコサミンを使用することによって軟骨細胞を刺激し、軟骨を再生するとされています。日本ではサプリメントとして知られていますが、ヨーロッパにおいては、医薬品として認可を受けています。

また、グルコサミンは、関節痛に使用されるだけではなく血流を改善するためにも使用されています。グルコサミンの効果の一つとして、血小板の凝集作用を抑える働きがあり、それによって血流改善に効果があるため、動脈硬化や脳梗塞の予防にも役立てられています。あまり知られていませんが、グルコサミンは美しい肌を保つためにも効果があるとされています。

グルコサミンはプロテオグルカンを生成する成分ですが、プロテオグルカンはコラーゲンと一緒になって肌に水分を与える効果があるとされており、潤いのある肌を作り出す効果があるとされています。